ログイン(無料)してスタート!
PCからでもログインできます
auをお使いの方
softbankをお使いの方

銀行勘定調整表

決算にさいして当座預金勘定の残高を確認したところ、当社の帳簿残高は¥14,000 であり、銀行側の残高証明の金額は¥20,000 であった。

残高の不一致の原因として次の事実が判明したので、修正の処理を行った。


受取手形の支払期日到来にともない、銀行で回収した額¥1,000 が当方に未達であった。


買掛金の支払いのために振り出した小切手¥2,000 が決算日現在銀行への呈示がなされていなかった。


備品購入にかかわる未払金支払いのために振り出した小切手¥3,000 が未渡しのまま経理部の金庫に保管されていた。
(第123回類題)

(正答率61%)
正解
①:未処理ですので仕訳をします。

(借)当座預金1,000/(貸)受取手形1,000

②:「未取付小切手」です。
当店側では当座預金を減少させる正しい処理をしていますので、修正不要です。

③:既に行われている仕訳は次のとおりです。

(借)未払金3,000 /(貸)当座預金3,000

ところが、振り出した小切手が先方に未渡しであったため、当座預金(資産)の減少を取り消すとともに、未払金(負債)の減少も取り消します。
不正解
①:未処理ですので仕訳をします。

(借)当座預金1,000/(貸)受取手形1,000

②:「未取付小切手」です。
当店側では当座預金を減少させる正しい処理をしていますので、修正不要です。

③:既に行われている仕訳は次のとおりです。

(借)未払金3,000 /(貸)当座預金3,000

ところが、振り出した小切手が先方に未渡しであったため、当座預金(資産)の減少を取り消すとともに、未払金(負債)の減少も取り消します。