Posted by & filed under 未分類.

こんにちは。予想以上の冷え込みに、服装で置いていかれて寒そうにしている方をよく見かける季節です。
皆さんは季節に乗り遅れることなく、達者で過ごされていますか?
11月ともなれば、もう冬まで一直線。あと2週間弱と迫った本試験日までも、つまづくことなく一直線に走りたいところですね。

現在、皆さんは試験に必要な膨大な知識を頭に定着させようと努力されている頃と思います。
前回の更新で「反復練習」の重要さについてお伝えしましたが、もうひとつ、知識の定着に有効なことがあります。
それは、「他人に教えてみる、あるいは説明してみる」こと。
物事を他人に説明するためには、まず自分が理解していることが必要です。わかったつもりでいたことでも、いざ自分の言葉で説明しようとした時にうまくできないのは、理解が不十分な証拠。
他人に教えればその相手が新たなインプットを得られますし、自分の知識の整理にもなりますので、双方にとって有益です。
近くに人間がいなければ、ペットや観葉植物、枕などに向かってLet’sスピーチ、です。人間がいないのだから恥ずかしがることもありませんね。

寒くなってきたからこそ、気持ちを上げて臨みましょう!

Posted by & filed under 未分類.

こんにちは。
11月になりました。試験月ですね。

この頃になると、試験範囲の学習を一通り終えた方も多いのではないでしょうか。とはいっても、育ち盛りの子どもとは違い、一度目を通しただけではなかなか知識が頭に入っていかないのが大人の脳。
過去問を解いてみて、正答率の低さにがっかりされている方もたくさんいらっしゃると思います。
そこで、これからの時期に取り組みたいのが「反復練習」です。
テキストを一度読んだだけでは、理解や記憶が定着しないのは当たり前。
繰り返し頭に入れる作業をおこなうこと、特に、過去問で洗い出された苦手分野を重点的に反復することで知識を定着させていきましょう。
焦らずひとつずつ穴を無くしていき、試験日には自信を持って問題用紙と向き合いたいものですね。

今後2週間強の学習が「試験合格の肝」となりますので、心して臨みましょう。

Posted by & filed under 未分類.

こんにちは。11月18日の試験まで1ヶ月を切りました。学習は順調ですか?

今くらいの時期から取り組みたいのが「過去問」です。ある程度学習が進んでから行うのが望ましいですが、短期学習を目指すなら早い段階からどんどん過去問を解いていって力をつけるというやり方もとても有効です。

試験委員は、作問に際してまず過去問に目を通します。毎回、過去問をベースに新しい問題を作っているのです。 ですから、形式の似た問題が数多く出題されることになります。

過去問は最良の問題集、と心得て積極的にチャレンジしてくださいね。

Posted by & filed under 未分類.

こんにちは。 本日、当サイトにて商業簿記2級の対策問題集がアップされましたのでお知らせします。

スマートフォンでの操作に適した仕様で、3級と同じようにスムーズに問題を解いて頂くことができます。3級をクリアされた暁には、ぜひ継続して2級対策に取り組んでみてください。

簿記3級は会社の経理担当者として最低限必要な知識を網羅していますが、2級をクリアすれば、財務諸表を読む力がつき、会社の経営状況を把握し経営管理に役立てることができます。そしてその先には、公認会計士・税理士などの会計系国家試験の登竜門とも言われる1級が控えています。

3級の勉強中に、適性があるな、やっていて楽しいなという感触を得られた方には、ぜひ2級に挑戦してみて頂きたいと思います。今まで思い描いていたのとは違う未来が見えてくるかも。

Posted by & filed under 未分類.

11月の試験の申し込みを済ませたみなさん,やる気も新たに簿記の学習に取り組んでおられるのではないでしょうか。
本試験の11月18日まで1カ月と少し。効果的な学習で,無理なく試験に臨みたいものですね。

さて,よく言われる「短期合格」という言葉ですが,この「短期」とはどのくらいの期間をさすと思いますか?
例えば簿記3級試験の学習を行うに際し、1日10時間の学習を7日間続ける場合と、1日1時間の学習を70日間続ける場合、学習時間は共に70時間です。これはいずれの場合も短期合格と言えます。
試験は短い期間で合格するに越したことはありませんが、人それぞれに学習環境が異なるため、そうそう学習時間を固め取りできるわけではありません。
大切なのは、勉強している時間をいかに密度の濃いものにできるか。

ちょうど今は、気温が下がってきて、学習に集中しやすい時期でもありますね。
11月の試験を目指す方も、来年の受験を目指す方も、それぞれのペースで密度の濃い勉強を心がけましょう。

Posted by & filed under 未分類.

本日,10月5日は,11月18日(日)に行われる日商簿記検定試験の東京商工会議所における受験申込締切日です。
受験するつもりでうっかりしていた方は,ぜひお申込みを! 締切時刻は18:00です。

10月に入ったものの暑い日も多く,まだ今ひとつ「秋」を感じにくいかもしれませんが,雨が降るごとに,台風が抜けるごとに,気温は下がっていきます。
これからの季節,油断して体調をくずすことのないよう,十分ご自愛のうえ学習に取り組まれてくださいね。

Posted by & filed under 未分類.

事務局よりお知らせです。

現在ご利用頂いている3級の対策問題集に加え、近日、商業簿記2級の対策問題集が当サイトで利用できるようになります。
3級をクリアしている方、2級取得を視野に学習を行っている方は、ぜひ継続してレベルアップにお役立てください。
2級の対策問題集がアップされ次第、当ブログでも改めてお知らせします。

Posted by & filed under 未分類.

日商簿記検定試験が11/18(日)に実施されます。
受験する方は、試験に向けて気持も新たに取り組み始めていらっしゃる頃と思います。

前回の更新では学習スケジュールを立てることをおすすめしましたが、今回は、実際にスケジュールを立ててみて「なんとかなりそうだな」「余裕があるな」という感触を持った方にさらなるご提案です。

それは、本試験日を数日~一週間前倒しした“擬似本試験日”を設定し、それに合わせてスケジュールを組んでみること。
本番までカツカツのスケジュールを組み、直前に「あと◯日あったらなぁ」という思いに駆られた経験がありませんか?
仕事でも試験でも、おしりに合わせたスケジュールでは何かと綱渡りで精神的にもあまり良くありませんよね。
突然の残業や付き合いも、よくあることです。

少々前倒しの日程で余裕を持って取り組めば、無理なく学習理解も進むと思います。
そして当初の目標以上のところまで学習できればもうけもの。

前倒しスケジュール、よろしければぜひ試してみてください。
ただ、立てたからには、「どうせ“擬似”だしー」などという考えは禁物ですよ。

急に寒くなってきましたが、体調に留意して、お仕事や勉強に励まれますように。

Posted by & filed under 未分類.

こんにちは。まだまだ暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、11月検定の申し込みはもうお済みですか?
「しばらく勉強してみて、自信がついたら試験の申し込みをしよう」と思っている方。
「まだ勉強を始めたばかりだけれど、まずは試験を受けてみよう」 と先手を打つ方。
受講者さんの学習を見守っていると、どうやら断然後者のほうが、短期間での簿記マスターに成功しているようです。

今日から検定試験までには、ちょうど2ヶ月あります。
学習進度が中途半端だなぁと感じている方には、試しに“試験を受ける”と仮定して、「1日◯問」「この週までに◯章」という風に、本試験日までの学習スケジュールを立ててみることをおすすめします。
お仕事や他のタスクとの兼ね合いも見つつ、そのスケジュールが実行可能かどうかを考えてみてください。
意外と、できそうな気がしませんか?

たとえば、上司や学校の先生にどっさり資料を与えられて「◯日までにやっておくように」と言われ、その時は「無理だよ…」と泣きそうになったものの実際はそれほどでもなかった。といった経験を皆さんお持ちでないかと思います。
何事も、ただ大雑把にとらえているだけでは実現不可能に感じられるものです。でも、実際に計画を立てて真面目に取り組んでみれば、多くのことは達成できます。

スケジューリングをしてみて「できそうだな」と思った方は、ぜひ検定の申し込みを。
今回は難しいと感じた方は、来年2月の検定試験に向けて学習スケジュールを立ててみてください。

忙しければ忙しいほど、時間は有効に使いたいものです。
より目標に近づきやすいアプローチを自分なりに追求してくださいね。

Posted by & filed under 未分類.

こんにちは。

現在、東京商工会議所では、11月18日(日)に実施される日商簿記検定試験の受験申し込みの受付が始まっています。申し込み期限は10月5日18:00です。

試験日、申込期間は各商工会議所によって違いますので、各々、最寄りの商工会議所の日程をご確認ください。
会場によっては定員になり次第受付が終了することがありますので、受験の心づもりができている方は早めに申し込んでおきましょう。

何事も、期限を待たず余裕をもって行うことがさまざまなタスクを平行させていくうえで重要ですよね。
忙しいビジネスや就職活動の傍ら、簿記の勉強を続けている皆さんなら十分ご存知のことと思います。

余裕と自信をもって試験日を迎えられるよう、日々勉強に励む皆さんを応援しています。