第1章 簿記とは何か

簿記の大まかな役割や目的について、貸借対照表や損益計算書などの主要ツールを紹介しながら説明しています。

第2章 仕訳の基本

取引のスタートから仕訳の書き方までを解説。

第3章 取引の転記と集計

仕訳帳から総勘定元帳へ転記し、残高試算表を作成して記入内容を確認するところまでを解説。

第4章 貸借対照表と損益計算書

残高試算表をもとに貸借対照表、損益計算書を作成する過程を解説。

第5章 現金預金取引

現金として取引される通貨代用証券の扱い方、現金過不足の処理方法、当座預金、当座借越、小口現金の解説。

第6章 商品売買

分記法・三分法による商品売買の基本、掛取引や値引・返品処理について解説。

第7章 手形による取引

約束手形、為替手形による取引方法、手形の裏書・割引の処理方法を解説。

第8章 その他の債権・債務

貸付金、借入金、手形貸付金、手形借入金、未収金、未払金、前受金、前払金、立替金、預り金、仮払金、仮受金、商品券、他店商品券について解説。

第9章 有価証券・有形固定資産

有価証券・有価固定資産の基本から減価償却の計算法までを解説。

第10章 伝票・補助簿

3伝票制、5伝票制にもとづく各種伝票、出納帳、手形記入帳、仕入帳、売上帳、商品有高帳、売掛金元帳、買掛金元帳の記入方法を解説。

第11章 決算整理

決算に際した試算表の作成から決算整理、振替、締切までの過程を解説。

Leave a Reply

  • (will not be published)