簿記とは

皆さん、こんにちは!

簿記3級は、どこの国でもどこの会社でも通用する知識です。
勉強しておいて損はありません。
簿記3級の合格を目標に、いっしょに最後まで頑張っていきましょう。

まず、この章から「貸借対照表と損益計算書」にかけての章で、簿記の全体像を大雑把につかんでおきます。
最初に「簿記って何?」というところから見ていきましょう。

簿記とは、社員さんに給料を支払ったり、借りていたお金を返したり、企業の取引のすべてを記録(記帳といいます)して、最終的には「貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)」と「損益計算書(そんえきけいさんしょ)」を作成する一連の技術をいいます。

いきなり難しい言葉が出てきてしまいましたね。
でも、貸借対照表と損益計算書の作成は、簿記学習の最終目標ですので、先に名前をご紹介しておきます。

貸借対照表は、「期末の時点で持っている財産」を示します。
一方、損益計算書は、「1年間でどれくらい儲けたのか」を示します。

財産が沢山あっても赤字だったり、反対に、財産は少ないけれど沢山儲けていたりすることもありますから、貸借対照表と損益計算書の両方を見ないと、その企業の状態がわからないのです。

それでは早速、貸借対照表の概要から見ていきましょう。

 貸借対照表とは

それでは、まずは貸借対照表の概要から学習していきましょう。
貸借対照表は資産、負債、純資産という3つの要素から構成されています。

貸借対照表
 資産  負債
 純資産

ここでは、それぞれの要素のイメージを簡単につかんでおきましょう。

まずは、資産について。

資産は、企業が持っている「現金」、「商品」、「建物」、「土地」などや、他人にお金を貸して、将来返してもらえる権利、例えば「貸付金(かしつけきん)」などがあります。
資産は目に見えるものだけに限りません。目に見えない権利なども含まれることにご注意ください。
資産は貸借対照表の左側に記載されます。

次に、負債について。

負債は、他人からお金を借りて、将来返さなければならない義務をいいます。
いわゆる借金などのことです。例えば「借入金(かりいれきん)」があります。
負債はマイナスの財産とも考えられますので、資産とは反対側、つまり、貸借対照表の右側に記載されます。

最後に、純資産について。

純資産は、名前のとおり、資産から負債を引いた純粋な資産という意味です。ここには、企業に出資された元手(これを「資本金」といいます)と、企業が稼ぎ出した利益が含まれます。
資産から負債を差し引いた金額ですから、貸借対照表の右側に記載されます。

最後に貸借対照表の例を載せておきます。

貸借対照表
(単位:千円)
資産 金額 負債・純資産 金額
現金 2,000 借入金 1,000
売掛金 1,000
商品 1,000 資本金 6,000
建物 3,000

左側に資産、右側に負債と純資産が記載されるということは、今の段階で覚えておきましょう。

損益計算書とは何か

それでは、次に損益計算書の概要を学習していきましょう。
損益計算書は、収益、費用という2つの要素から構成されています。

ここでは、それぞれの要素のイメージを簡単につかんでおきましょう。

まずは、収益について。

収益とは、純資産が増加する原因となるものです。
具体的には、商品を売ったときの「売上」や、お金を貸したことによって受け取る「受取利息」などです。

次に、費用について。

費用とは、純資産が減少する原因となるものです。
具体的には、社員さんに払う「給料」とか、借りている事務所の「支払家賃」などです。

そして、収益から費用を差し引いて当期純利益を計算します。
当期純利益とは、いわゆる儲けのことです。
もし、赤字の場合は当期純損失といいます。

最後に損益計算書の例を載せておきます。

損益計算書
(単位:千円)
費用 金額 収益 金額
売上原価 3,000 売上 6,000
給料 2,000 受取利息 1,000
支払家賃 1,000
当期純利益 1,000

それでは、この章の確認問題にチャレンジしてみましょう!

簿記とは何か確認問題1
簿記とは何か確認問題2

Leave a Reply

  • (will not be published)