商品売買とは

この章では、企業の活動の柱となる、商品の売買についてみていきます。

お花屋さんや、本屋さんなどの商店では、仕入れた商品をお客さんに売っています。
このとき、仕入れた金額を仕入原価、販売した金額を売価といいます。
また、販売した商品の仕入原価のことを売上原価といいます。

ここで、仕入原価と売上原価は同じ原価でも、意味が違うことに注意をしてください。
例えば、商品¥3,000を仕入れ、うち¥2,000分を販売したとしたら、仕入原価は¥3,000ですが、売上原価は¥2,000です。
企業にとっては、売価-売上原価=儲けとなります。

商品売買の仕訳には、

  1. 分記法
  2. 三分法

の2つの方法があります。次からこの2つの仕訳の方法についてみていきましょう。

分記法による商品売買

分記法では、「商品」(資産)と「商品販売益」(収益)を使って仕訳します。
売上のつど、儲けと売上原価を分けて記録するのが、分記法という名前の由来です。

では、まず商品を仕入れたときの処理からみてみます。

「¥@(単価)100の商品を5個仕入れ、代金は現金で支払った」の仕訳
商品 500 現金 500

単価が¥100の商品を5個仕入れるわけですから、¥100×5個=¥500となります。

次に、商品を売上げたときの処理を見てみましょう。

「上で仕入れた商品を¥@150で4個売上げ、代金は現金で受け取った」の仕訳
現金 600 商品 400
商品販売益 200

原価¥400(=@¥100×4個)の商品を売上げたので、貸方は「商品¥400の減少」となります。一方で、もらった金額¥600との差額、すなわち儲けは「商品販売益」(収益)となります。

三分法による商品売買

では、今度は三分法で商品売買を仕訳してみましょう。

分記法では、売上のつど、儲けである商品販売益を計算しなければいけませんでした。
しかし、これだと手間がかかり大変なので、実際には三分法が多く使われています。
以後の章でも、特別な理由がない限り、商品売買には三分法を使うこととします。

三分法では、仕入れたときは「仕入」(費用)、売上げたときは「売上」(収益)、決算の時に「繰越商品」(資産)を使って仕訳をします。
3つの勘定で分けて処理するので、三分法と名付けられています。

では、仕入の例を見てみましょう。

「¥@(単価)100の商品を5個仕入れ、現金で支払った」の仕訳
仕入 500 現金 500

分記法では「商品」(資産)という勘定で仕訳をしましたが、三分法では「仕入」(費用)を用います。

次に、売上げたときの例を見てみましょう。

「上で仕入れた商品を¥@150で4個売上げ、代金は現金で受け取った」の仕訳
現金 600 売上 600

こちらも分記法とは異なり、「売上」(収益)を用います。
売上げた金額で処理するので、いちいち売上原価を計算せずにすみ簡単です。

ただし、三分法の場合、仕入原価¥500を元にして売上原価を計算する仕訳が必要ですが、こうした修正は、期末の決算時に行います。
決算時の処理については、また後の章で扱います。

商品売買では、先に商品の受け渡しをしておいて、後日代金を清算するという、掛取引がよく行われます。

商品を販売して、代金は後日受け取ることとした場合、代金を後日受け取る権利があります。これを「売掛金」(資産)で処理します。また、商品を仕入れて、代金は後日支払うこととした場合、代金を後日支払う義務が生じます。これを「買掛金」(負債)で処理します。

まず、掛けで売上げた場合の例について見てみましょう。

「商品¥2,000を売上げ、代金は掛とした」の仕訳
売掛金 2,000 売上 2,000

断りがない限り、通常は三分法で仕訳をしてください。

次に、売掛金を回収した場合の例を見てみます。

「売掛金¥2,000を小切手で回収した」の仕訳
現金 2,000 売掛金 2,000

売掛金が減少する一方で、現金(他人振出小切手は「現金」)が増加します。

なお、自社の製品をよく買ってくれる企業を「得意先」といいます。試験問題で頻繁に登場する言葉ですので知っておきましょう。

今度は、掛けで仕入れた場合の例について見てみましょう。

「商品¥2,000を仕入れ、代金は掛とした」の仕訳
仕入 2,000 買掛金 2,000

代金を支払った場合の例を見てみます。

「買掛金¥2,000を現金で支払った」の仕訳
買掛金 2,000 現金 2,000

値引・返品

商品に欠陥などがあった場合、値段を下げることがあります。これを値引といいます。
また、納品した商品が注文した商品と違っている場合、商品を戻すことがあります。これを返品といいます。

値引には、自分が売っている商品を値引きする場合(売上値引)と、自分が仕入た商品を値引きしてもらう場合(仕入値引)があります。
また、返品にも、自分が売っている商品が返品される場合(売上返品)と、自分が仕入れた商品を返品する場合(仕入返品)があります。

はじめに、自分が売主の場合の処理について見ていきましょう。

「商品を¥1,000で売上げ、代金は掛とした」の仕訳
売掛金 1,000 売上 1,000

値引するの場合の例を見てみます。

「上の商品に欠陥が見つかり、¥200値引した」の仕訳
売上 200 売掛金 200

値引をした場合には、売上と売掛金を相殺するため、先ほどの処理とは反対の仕訳を行います。この処理を行うことで、正味¥800(=¥1,000-¥200)の掛販売を行ったことになります。

返品する場合の例を見てみます。

「さらに、納品した商品が間違っていたので、¥300分の返品を受けた」の仕訳
売上 300 売掛金 300

こちらも値引と同じ形の仕訳になります。

次に、自分が買主の場合の処理について見ていきましょう。

「商品を¥1,000で仕入れ、代金は掛とした」の仕訳
仕入 1,000 買掛金 1,000

値引される場合の例を見てみます。

「上の商品に欠陥が見つかり、¥200値引してもらった」の仕訳
買掛金 200 仕入 200

値引を受けた場合には、仕入と買掛金を相殺するため、先ほどの処理とは反対の仕訳を行います。この処理を行うことで、正味¥800(=¥1,000-¥200)の掛購入を行ったことになります。

返品される場合の例を見てみます。

「さらに、納品された商品が間違っていたので、¥300分の返品をした。」の仕訳
買掛金 300 仕入 300

こちらも値引と同じ形の仕訳になります。

諸掛

商品を運ぶには運賃や保険料などがかかります。
このように、商品売買の際にかかる費用を諸掛といいます。仕入時にかかる諸掛のことを仕入諸掛、売上時にかかる諸掛のことを売上諸掛といいます。

まずは、仕入諸掛の処理を見てみましょう。

仕入諸掛は仕入原価に含めます。すなわち「仕入」(費用)で処理します。

「商品を仕入れた際に引取運賃¥500を現金で支払った」の仕訳
仕入 500 現金 500

次に、売上諸掛の処理を見てみましょう。

売上諸掛については、自社が負担するのか、取引先が負担するのかで処理が分かれます。
自社が負担する場合には、費用となるので「発送費」(費用)か、「支払運賃」(費用)で処理します。
また、取引先が負担する場合には、後日請求するため「立替金」(資産)で処理するか、「売掛金」(資産)に含めて処理をします。

自社が負担する場合の例を見てみましょう。

「売上げた商品の発送運賃¥500を現金で支払った」の仕訳
発送費 500 現金 500

取引先が負担してくれる場合には、次のようになります。

「売上げた商品の発送運賃¥500を現金で支払った」の仕訳
立替金 500 現金 500

それでは、この章の確認問題にチャレンジしてみよう!

商品売買確認問題1
商品売買確認問題2
商品売買確認問題3
商品売買確認問題4
商品売買確認問題5
商品売買確認問題6

Leave a Reply

  • (will not be published)