総勘定元帳を作ろう

取引が生じたら、まずは仕訳帳に仕訳をします。
仕訳をしたら、今度は総勘定元帳という別の帳面に、勘定科目ごとに仕訳を行うつど集計をしていきます。
この集計作業は、数字を移転して記録することから「転記(てんき)」といいます。

例を見てみましょう。

「商品を¥200売上げて、代金は現金で受け取った」の仕訳
現金 200 売上 200

これを、総勘定元帳に転記すると

売上
200
現金
200

となります。

では、さらに

「銀行から現金¥300を借りた」の仕訳
現金 300 借入金 300

これを、総勘定元帳に転記すると、

売上
200
現金
200
300
借入金
300

となります。

さらにもう一つ。

「借入金¥100を現金で返済した」の仕訳
借入金 100 現金 100

を総勘定元帳に転記すると、

売上
200
現金
200 100
300
借入金
100 300

となります。

このように、各勘定科目ごとに、仕訳のつど金額を集計していきます。

試算表は間違い直し

仕訳表で借方と貸方の金額が等しかったなら、転記をする際も、仕訳表と同じ側に数字を移すので、総勘定元帳全体の借方合計と貸方合計は等しくなるはずです。

そこで、必要に応じて試算表というものを作成し、総勘定元帳全体の借方合計と貸方合計が一致しているかどうかを確認します。

もし一致していなければ、どこかで転記ミスをしているということがわかります。
つまり、転記ミスをしているかどうかを発見するために、必要に応じて試算表を作成します。

試算表には

  1. 合計試算表
  2. 残高試算表
  3. 合計残高試算表

の3つがあります。

さきほど作った総勘定元帳

売上
200
現金
200 100
300
借入金
100 300

を元に合計試算表を作ると、

合計試算表
借方 勘定科目 貸方
500 現金 100
100 借入金 300
売上 200
600 合計 600

となります。

次に、合計試算表において、借方と貸方の金額を相殺した残高を表にしたものが残高試算表です。

残高試算表
借方 勘定科目 貸方
400 現金
借入金 200
売上 200
400 合計 400

となります。

最後に、合計残高試算表は、合計試算表と残高試算表を組み合わせたものです。

合計残高試算表
借方残高 借方 勘定科目 貸方 貸方残高
400 500 現金 100
100 借入金 300 200
売上 200 200
400 600 合計 600 400

それでは、この章の確認問題にチャレンジしてみよう!

取引の転記と集計確認問題1
取引の転記と集計確認問題2
取引の転記と集計確認問題3

Leave a Reply

  • (will not be published)