3伝票制とは

この章では、まず伝票について学習をしていきましょう。
企業では、仕事を能率的に実行するために、営業担当や仕入担当など、いくつかの部署にわかれているのが普通です。
各部署では取引を伝票に記入し、会計係に報告します。

簿記3級試験では、1種類だけの伝票を用いて処理する方法もありますが、入金伝票、出金伝票、振替伝票の3種類の伝票を利用する、3伝票制が多く出題されます。それぞれの伝票の特徴は次のとおりです。

  1. 入金伝票:現金の入金取引
  2. 出金伝票:現金の出金取引
  3. 振替伝票:現金以外の取引

それでは、それぞれの伝票から、逆に仕訳を推定してみましょう。

入金伝票

次のような入金伝票を受け取ったとします。

入金伝票
平成○年○月○日
売上 3,000

入金伝票は、現金の入金があったときに記入されるので、借方勘定は「現金」となります。
また、相手勘定科目は伝票に書かれています。上記の場合は「売上」です。つまり、仕訳は次のようになります。

現金 3,000 売上 3,000

出金伝票

次のような出金伝票を受け取ったとします。

出金伝票
平成○年○月○日
仕入 3,000

出金伝票は、現金の出金があったときに記入されるので、貸方勘定は「現金」となります。
また、相手勘定科目は伝票に書かれています。上記の場合は「仕入」です。つまり、仕訳は次のようになります。

仕入 3,000 現金 3,000

振替伝票

振替伝票は、入出金以外のすべての取引を記入します。仕訳がそのまま記入される伝票と考えればよいです。

振替伝票
平成○年○月○日

借方 金額 貸方 金額
買掛金 3,000 売掛金 3,000

当然、仕訳は次のようになります。

買掛金 3,000 売掛金 3,000

一部振替取引(一部現金取引)

1つの取引が入出金取引とそれ以外の振替取引からなる場合があり、このような取引を、一部振替取引または一部現金取引といいます。例えば、「商品¥8,000を売上、代金のうち¥2,000は現金で受け取り、残りは掛けとした」という取引の仕訳は

売掛金 6,000 売上 8,000
現金 2,000

となりますが、これを3伝票制の下でどのように記入するのかについて考えてみましょう。

伝票の借方と貸方には、勘定科目を1つずつ記入します。ですので、上の取引を2つの取引に分解して考える必要があります。分解する方法には次の2つがあります。

  1. 取引を単純に分割する方法
  2. 総額を掛けで売上げ、ただちに一部を現金で回収すると考える方法

“取引を単純に分割する方法”では、¥8,000の売上を、¥6,000の掛による売上と、¥2,000の現金による売上に分解して考えます。

そのため、伝票は次のようになります。

振替伝票
平成○年○月○日

借方 金額 貸方 金額
売掛金 6,000 売上 6,000
入金伝票
平成○年○月○日
売上 2,000

次に、”総額を掛で売上げ、ただちに一部を現金で回収すると考える方法”では、まず¥8,000を掛けによる売上として計上し、ただちに現金を¥2,000回収したと考えます。

そのため、伝票は次のようになります。

振替伝票
平成○年○月○日

借方 金額 貸方 金額
売掛金 8,000 売上 8,000
入金伝票
平成○年○月○日
売掛金 2,000

5伝票制とは

5伝票制は、3伝票制での入金・出金・振替伝票に加え、新たに仕入伝票と売上伝票を用いる方法です。
比較的取引の多い仕入取引と売上取引については、3伝票制における振替伝票から独立させたわけです。

5伝票制における注意点として、仕入伝票や売上伝票では、すべて「掛による仕入」「掛による売上」であると仮定して記入がなされることがあげられます。
これは、現金売上の場合などのように、一つの取引が売上伝票と入金伝票の両方の伝票に記録されてしまうことを避けるための工夫です。

仕入伝票
平成○年○月○日
買掛金 ¥○○○
売上伝票
平成○年○月○日
売掛金 ¥○○○

例えば「商品¥8,000を売上、代金のうち¥2,000は現金で受け取り、残りは掛けとした」という取引は、5伝票制では次のようになります。

売上伝票
平成○年○月○日
売掛金 8,000
入金伝票
平成○年○月○日
売掛金 2,000

5伝票制の場合、一部振替取引が発生した場合には、3伝票制で学習した”総額を掛けで売上げ、ただちに一部を現金で回収すると考える方法”により分解します。

小口現金出納帳

小口現金を定額資金前渡法(インプレスト・システム)で管理する際、用度係は小口現金の補給と支払の明細を記録するため、”小口現金出納帳”に記入を行います。

たとえば、次のようなケースの場合の小口現金出納帳は以下のようになります。

  • 5月1日:用度係は会計係より小口現金として¥6,000を受け取った。
  • 5月10日:電話代として、¥3,000支払った。
  • 5月15日:事務用品を買い、¥500支払った。
  • 5月20日:新聞料金を買い、¥2,000支払った。

現金出納帳

現金の入出金に関しては、現金出納帳を用いる場合があります。

たとえば、次のようなケースの場合の現金出納帳は以下のようになります。

  • 5月1日:前月からの繰越として現金は¥6,000ある。
  • 5月10日:A商店から売掛金の回収として、小切手¥30,000を受け取った。
  • 5月15日:B商店から商品¥20,000を仕入れ、代金は現金で支払った。

当座預金出納帳

当座預金の残高管理のために、当座預金出納帳を用いる場合があります。

たとえば、次のようなケースの場合の当座預金出納帳は以下のようになります。

  • 5月1日:前月からの繰越として当座預金額は¥20,000である。
  • 5月10日:A商店から売掛金の回収として、小切手¥30,000受け取った。
  • 5月15日:B商店から商品を仕入れ、現金で¥60,000支払った。
  • 5月20日:C商店から売掛金の回収として、小切手¥20,000受け取った。

受取手形記入帳

支払手形の明細記録のために、受取手形記入帳を用いる場合があります。

例えば、次のようなケースの場合の受取手形記入帳は以下のようになります。

  • 5月1日:A商店に商品¥1,000を売上げ、A商店振出し、B商店宛ての為替手形(#1)を受け取った。 (支払場所:日暮里銀行、振出し日:5月1日、満期日:5月31日)
  • 5月31日:5月1日に受け入れた#1の手形が決済され、当座預金に入金された。

支払手形記入帳

支払手形の明細記録のために、支払手形記入帳を用いる場合があります。

例えば、次のようなケースの場合の支払手形記入帳は以下のようになります。

  • 5月1日:A商店より商品¥1,000を仕入れ、代金の支払いとして約束手形(#3)を振り出した。 (支払場所:日暮里銀行、振出日:5月1日、満期日:5月31日)
  • 5月31日:5月1日に振出した#3の手形が当座預金より決済された。

仕入帳

仕入帳は、仕入に関する詳しい情報を集約して管理する帳簿です。仕入帳の記入のポイントは次のようになります。

  1. 商品を仕入れたら、日付、仕入先、支払方法、商品名、数量、単価、合計金額を記入する。
  2. 複数の商品を仕入れた場合は、品目ごとの金額も記入する。
  3. 仕入諸掛がある場合には記入する。
  4. 仕入値引、仕入返品については、赤字で記入する。
  5. 締め切るときは、仕入値引高、仕入返品高は赤字で記入し、総仕入高から差し引き、純仕入高を計算する。

たとえば、次のようなケースの場合の仕入帳は以下のようになります。

  • 5月1日:A商店から¥@120の商品を10個仕入、代金は掛とした。引取運賃¥50は現金で支払った。
  • 5月10日:5月1日仕入れた商品に対し¥200の値引きを受けた。
  • 5月15日:日商店から¥@100の商品を10個仕入れ、代金は掛けとした。
  • 5月20日:5月15日に仕入れた商品のうち2個が注文した品物と異なるため返品した。

売上帳

売上帳は、売上に関する詳しい情報を集約して管理する帳簿です。次に、売上帳の記入のポイントは以下のようになります。

  1. 商品を売上げた場合は、日付、得意先、代金の受取方法、商品名、数量、単価、合計金額を記入する。
  2. 複数の商品を売上げた場合は、品目ごとの金額も記入する。
  3. 売上値引、売上返品については、赤字で記入する。
  4. 締め切るときは、売上値引高、売上返品高は赤字で記入し、総売上高から差し引き、純売上高を計算する。

たとえば、次のようなケースの場合の売上帳は以下のようになります。

  • 5月1日:A商店に¥@120の商品を10個売上げ、代金は掛とした。
  • 5月10日:5月1日売上げた商品に対し¥200の値引きを行った。
  • 5月15日:B商店に¥@100の商品を10個売上げ、代金は掛けとした。
  • 5月20日:5月15日に売上げた商品のうち2個が注文を受けた品物と異なるため返品された。

商品有高帳

商品の増減や残高の明細を記録するのが、商品有高帳です。
商品有高帳を使うと、商品の受入れや払出しについて記録を取ることになるので在庫管理に役立ちます。
また、仕入金額や売上金額を記録するので、仕入原価と払出原価が明確になり、期末商品棚卸高と売上原価の計算に役立ちます。
同じ種類の商品を仕入れた場合でも、仕入の時期や数量によって、仕入単価が異なることがあります。
そのため、後日、商品を払出すときに、いくらの商品を払出したことにするのかを決めておかなくてはいけません。
この金額の決め方には、いくつかの方法がありますが、日商簿記3級では

  1. 先入先出法
  2. 移動平均法

の2つを扱います。

1.先入先出法は、先に仕入れた商品から先に売られると仮定して、払出単価を決定する方法です。
仕入単価が異なるものを同時に払出した場合や、仕入単価が異なるものが残高として残っている場合には、これらをカッコ「{」を用いて併記します。
例えば、次のようなケースの場合、先入先出法での商品有高帳は以下のようになります。

  • 5月1日:¥@100の商品を2個仕入れた。
  • 5月10日:¥@120の商品を3個仕入れた。
  • 5月15日:¥@150の商品を4個売上げた。

次に、2.移動平均法について見ていきます。
移動平均法は、商品を仕入れた都度、商品の平均単価を計算しなおし、払出す際には最新の平均単価を払出単価とします。

同じ例を用いて、移動平均法での商品有高帳は以下のようになります。

  • 5月1日:¥@100の商品を2個仕入れた。
  • 5月10日:¥@120の商品を3個仕入れた。
  • 5月15日:¥@150の商品を4個売上げた。

5月15日の払出単価の計算は次のようになります。(¥@100×2+¥@120×3)÷5個=¥@112

売掛金元帳

売掛金元帳は、売掛金に関する詳しい情報を集約して管理する帳簿です。たとえば、次のようなケースの場合の売掛金元帳は以下のようになります。

  • 5月1日:A商店への売掛金の前月繰越は¥2,500である。
  • 5月10日:A商店へ商品¥1,000を売上げ、代金は掛けとした。
  • 5月15日:5月10日にA商店に売上げた商品の一部に間違いがあり、¥500分の返品に応じた。
  • 5月31日:A商店への売掛金の回収として¥1,000の小切手を受けとった。

買掛金元帳

買掛金元帳は、買掛金に関する詳しい情報を集約して管理する帳簿です。また、次のようなケースの場合の買掛金元帳は以下のようになります。

  • 5月1日:A商店への買掛金の前月繰越は¥2,500である。
  • 5月10日:A商店から商品¥1,000を仕入、代金は掛けとした。
  • 5月15日:5月10日にA商店に仕入れた商品の一部に間違いがあり、¥500分の返品を受けた。
  • 5月31日:A商店への買掛金の回収として¥1,000の小切手を振り出した。

 

それでは、この章の確認問題にチャレンジしてみよう!

伝票・補助簿確認問題1
伝票・補助簿確認問題2
伝票・補助簿確認問題3

Leave a Reply

  • (will not be published)