取引とは

ここでは、取引について学習をしていきます。

簿記では、「資産、負債、純資産、収益、費用」のいずれかが増減することを取引といいます。

ここで一つ注意をしなければいけないことは、「契約を結ぶ」=取引ではないということ。
つまり、この場合は何も記録しません。

たとえば事務所を借りる契約を結んだ場合、契約を結んだだけでは、お金は動いていないし、儲けたり損したりしたわけでもないので、簿記では「取引」とは言わないんです。
日常用語の「取引」と少し違うので注意してください。

仕訳をしよう

簿記は、世界共通のビジネス言語です。
なぜなら、どんな取引も、世界共通のルールで記録できてしまうのですから。

それでは、その記録のルールについてご説明します。

簿記では、取引が生じたら、そのつど、パソコンやノートに記録――つまり仕訳をしていきます。
現代では、仕訳はパソコンで入力するのが一般的ですが、学習上は「仕訳帳」というノートに書くというイメージで理解しておいてください。

仕訳を説明する前に、簿記独特の用語を説明しておきます。
簿記では、左のことを「借方」、右のことを「貸方」と呼びます。
これは慣習的なものですので、覚えてしまいましょう。

借方の「かり」の「り」が左を向いているので左側,
「かし」の「し」が右を向いているので右側,と覚えましょう。

それでは、仕訳の例を見ていきましょう。

例えば、「商品を¥200売上げて、代金は現金で受け取った」という取引が生じたら、

「商品を¥200売上げて、代金は現金で受け取った」の仕訳
現金 200 売上 200

また、「銀行から現金¥300を借りた」という取引が生じたら、

「銀行から現金¥300を借りた」の仕訳
現金 300 借入金 300

と仕訳をします。
このように、どんな取引も、必ず、借方と貸方が埋まります。

仕訳のルールはとてもシンプルです。
損益計算書の形を思い浮かべてください。
資産は借方、負債は貸方、純資産は貸方、収益は貸方、費用は借方に記されますね?

仕訳も、後で集計しやすいように同じ側に書くのです。
この基本ポジションを押さえておきましょう。

例えば、現金という資産が増えたら借方、売上という収益が増えたら貸方、借入金という負債が増えたら貸方、に仕訳を書きます。
反対に、減少した場合は反対側に仕訳を書きます。
例えば、現金という資産が減少したら、現金は仕訳の貸方に書きます。

ここで、「現金」や「売上」のように、仕訳に使う項目のことを、勘定科目といいます。
簿記3級で覚えなければならない勘定科目は約80個ありますが、勉強を進めながら覚えていきましょう。

それでは、この章の確認問題にチャレンジしてみましょう!

仕訳の基本確認問題1
仕訳の基本確認問題2
仕訳の基本確認問題3

Leave a Reply

  • (will not be published)