貸付金・借入金

この章では、いろいろな債権や債務について学習をしていきます。

まずは、「貸付金」(資産)と「借入金」(負債)から見てみましょう。
お金を貸したときには、返してもらえる権利が発生します。この権利(債権)は「貸付金」(資産)で処理します。逆に、お金を借りたときには、返す義務が発生します。この義務(債務)は「借入金」(負債)で処理します。

それでは、まず貸した場合の例から見てみましょう。

「現金¥1,000をA商店に貸した」の仕訳
貸付金 1,000 現金 1,000

現金(資産)が減少するとともに貸付金(資産)が増加します。

次に、貸したお金を返してもらった場合の例を見てみましょう。

「A商店に貸した¥1,000と利息¥50を合わせて現金で受け取った」の仕訳
現金 1,050 貸付金 1,000
受取利息 50

貸付金(資産)が減少すると同時に現金(資産)が増加します。利息分は受取利息(収益)とします。

次に、借りる場合の例を見てみましょう。

「B商店から¥1,000借りた」の仕訳
現金 1,000 借入金 1,000

借入金(負債)の増加とともに現金(資産)が増加します。

借りたお金を返す場合の例を見てみましょう。

「B商店から借りた¥1,000と利息¥50を合わせて現金で返済した」の仕訳
借入金 1,000 現金 1,050
支払利息 50

先ほど計上した、現金(資産)と借入金(負債)が減少する一方で、支払った利息は支払利息(費用)とします。

手形貸付金・手形借入金

お金の貸し借りの際に、通常は借用証書を交わしますが、手形を用いる場合があります。
単なる貸し借りと違い、手形を発行する分、借りる側の責任が増します。

商品売買の際に手形を用いる場合は、「受取手形」(資産)や「支払手形」(負債)で処理しましたが、お金の貸し借りで手形を用いる場合は、「手形貸付金」(資産)や「手形借入金」(負債)で処理します。

では、貸した場合の処理を見てみましょう。

「現金¥1,000をA商店に貸し付け、A商店振出、当店宛の約束手形を受け取った」の仕訳
手形貸付金 1,000 現金 1,000

現金(資産)の減少とともに、手形貸付金(資産)が増加します。受取手形(資産)ではない点に注意してください。

では、借りた場合の処理を見てみましょう。

「現金¥1,000をB商店から借り入れ、B商店宛の約束手形を振り出した」の仕訳
現金 1,000 手形借入金 1,000

こちらも支払手形(負債)ではない点に注意してください。

未収金・未払金

商品売買では、代金を後で受け取る権利は「売掛金」(資産)、代金を後で支払う義務は「買掛金」(負債)を用いました。

しかし、販売用の商品ではなく、商品以外の資産、たとえば車や土地などを売買した場合は、代金を後で受け取る権利は「未収金」(資産)、代金を後で支払う義務を「未払金」(負債)で処理します。

会社の本来の業務とそれ以外とで、勘定科目を区別して管理をするのです。

まずは、未収金について見てみましょう。

「帳簿価格¥10,000の土地を¥12,000で売却し、代金は来月受け取ることにした」の仕訳
未収金 12,000 土地 10,000
土地売却益 2,000

土地(資産)が減少するとともに未収金(資産)が増加します。また、土地を売って儲けた分は「固定資産売却益」(収益)とします。なお、もし損をしたら「固定資産売却損」(費用)となります。

未収金を回収した場合の処理は次のようになります。

「上の取引の未収金¥12,000を小切手で回収した」の仕訳
現金 12,000 未収金 12,000

未収金(資産)が減少するとともに、現金(資産)が増加します。

つぎに、未払金について見てみましょう。

「土地を¥12,000で購入し、代金は来月支払うことにした」の仕訳
土地 12,000 未払金 12,000

土地(資産)が増加するとともに、未払金(負債)も増加します。

未収金を支払った場合の処理は次のようになります。

「上の取引の未払金を小切手を振出して支払った」の仕訳
未払金 12,000 当座預金 12,000

未払金(負債)が減少するとともに、当座預金(資産)も減少します。

前受金・前払金

商品を売買するとき、予約する意味で、手付金(内金ともいう)として代金の一部を授受することがあります。
手付金を支払ったときは、後で商品を引渡してもらえる権利が生じます。これを「前払金」(資産)で処理します。
また、手付金を受け取ったときは、後で商品を引き渡す義務が生じます。これを「前受金」(負債)で処理します。

まず、前払金(資産)の例を見てみましょう。

「¥5,000の商品を仕入れる契約をし、手付金¥1,000を現金で支払った」の仕訳
前払金 1,000 現金 1,000

現金(資産)の減少とともに、前払金(資産)が増加します。なお、仕入れの契約だけでは、いまだ仕入れていないので、仕入(費用)を計上してはいけません。

次に、商品を仕入れたときの例を見てみましょう。

「上の取引で、その後商品¥5,000の引き渡しを受け、手付金¥1,000を差し引いた残額を現金で支払った」の仕訳
仕入 5,000 前払金 1,000
現金 4,000

商品を仕入れたので、前払金(資産)を減少させます。

今度は、前受金(負債)の例を見てみましょう。

「¥5,000の商品の注文を受け、手付金¥1,000を受け取った」の仕訳
現金 1,000 前受金 1,000

現金(資産)の増加とともに、前受金(負債)が増加します。注文を受けた(契約)だけでは、いまだ売上げていないので、売上(収益)を計上してはいけません。

次に、売上を計上するときの例を見てみましょう。

「上の取引で、その後商品を¥5,000で引き渡し、手付金¥1,000を差し引いた残額を現金で受け取った」の仕訳
前受金 1,000 売上 5,000
現金 4,000

商品を売上げたので、前受金(負債)を減少させます。

ここで、売買と金銭授受に関する項目を整理しておきましょう。

商品売買 商品売買以外
金銭の未授受 売掛金・買掛金 未収金・未払金
金銭の既授受 前払金・前受金 前払金・前受金

立替金・預り金

企業は、取引先や従業員のために、一時的に金銭の立替払いをすることがあります。
このときに発生する債権は立替金(資産)で処理します。
また、一時的に金銭を預かった場合の債務は預り金(負債)で処理します。

では、まず立替金から見てみましょう。

「従業員の給料の前貸しとして、現金¥2,000を渡した」の仕訳
立替金 2,000 現金 2,000

現金(資産)が減少するとともに、立替金(資産)が増加します。従業員給料の前貸しは、契約書を交わすようなものではないので貸付金(資産)ではなく、立替金(資産)を使います。

立替金を清算するときの例を見てみましょう。

「従業員の給料¥5,000の支払いに際し、立替金¥2,000を差し引いた額を現金で支払った」の仕訳
給料 5,000 立替金 2,000
現金 3,000

給料を支払ったときは、給料(費用)を用います。
そして、立替金(資産)¥2,000を減少させる一方で、差額¥3,000については現金(資産)を減少させます。

次に、預り金について見てみましょう。

「給料¥5,000を源泉所得税¥500を差し引き現金で支払った」の仕訳
給料 5,000 預り金 500
現金 4,500

源泉所得税や社会保険料は、給料から天引きし、一時的に会社が預かっておいて、後に国などに納めるので預り金(負債)を使います。

仮払金・仮受金

支払いはあったものの、それが何に使われたのかがまだ分からないときは「仮払金」(資産)で処理します。
また、何のお金かよくわからないけれど、とりあえず受け取ったときは「仮受金」(負債)で処理します。

まず、仮払金についてみていきましょう。

「従業員の出張に際し、旅費の概算額¥5,000を現金で支払った」の仕訳
仮払金 5,000 現金 5,000

ここで、旅費(費用)を計上してはいけません。旅費の金額が確定していないので、「仮払金」(資産)で処理します。

仮払金の内訳が明らかになったときの処理を見てみましょう。

「上の処理のあと、従業員が出張から戻り、旅費が¥6,000であることがわかったので、不足分¥1,000を支払った」の仕訳
旅費 6,000 仮払金 5,000
現金 1,000

仮払金(資産)を減少させるとともに旅費(費用)を計上します。不足分¥1,000は現金(資産)の減少です。

次に、仮受金について見てみましょう。

「出張先の従業員から、当座預金に¥5,000の入金があったが、その内容は不明である」の仕訳
当座預金 5,000 仮受金 5,000

内容が不明ですので、仮受金(負債)を計上します。

仮受金の内訳が明らかになったときの処理を見てみましょう。

「上の入金は、商品の売上げによるものと判明した」の仕訳
仮受金 5,000 売上 5,000

仮受金(負債)を消去するとともに、売上(収益)の計上を行います。

商品券・他店商品券

自社が商品券を売ったときは、この件と引き換えに商品を引き渡す義務が生じるので、これを「商品券」(負債)で処理します。

また、他店が発行した共通商品券を受け取ったときは、後日他店との間で決済を行うので「他店商品券」(資産)で処理します。

まず、商品券の処理について見てみましょう。

「商品券¥5,000を発行し、現金を受け取った」の仕訳
現金 5,000 商品券 5,000

現金(資産)の増加とともに、商品券(負債)を計上します。

商品券が使われた場合の処理について見てみましょう。

「商品¥5,000を売上げ、代金は当店発行の商品券で受け取った」の仕訳
商品券 5,000 売上 5,000

商品券(負債)を消去するとともに、売上(収益)を計上します。

次に、他店商品券の処理を見てみましょう。

「A商店は、商品¥5,000を売上げ、代金はB商店発行の共通商品券で受け取った」の仕訳
他店商品券 5,000 売上 5,000

売上(収益)を計上するとともに、他店商品券(資産)を計上します。

他店商品券が決済された時の処理も見てみましょう。

「上のB商店発行の共通商品券¥5,000の決済を行い、代金は小切手で受け取った」の仕訳
現金 5,000 他店商品券 5,000

他店商品券(資産)が減少するとともに、現金(資産)が増加します。

それでは、この章の確認問題にチャレンジしてみよう!

その他の債権・債務確認問題1
その他の債権・債務確認問題2
その他の債権・債務確認問題3
その他の債権・債務確認問題4
その他の債権・債務確認問題5
その他の債権・債務確認問題6
その他の債権・債務確認問題7

Leave a Reply

  • (will not be published)