Posted by & filed under 未分類.


簿記検定完全攻略をご利用の皆様、こんにちは。
2016年のスタートは順調にきれたでしょうか?
史上まれにみる暖冬からの突然の寒波襲来、地域によっては100年以上ぶりの降雪といったお天気模様に始まり、今年もなにかと波乱万丈な一年になりそうです。
世の中の変動にも落ち着いて物事を見極められるよう、簿記など堅実な知識・技術を身につけて行きてゆきたいものですね。

今回は、1月中旬に日本商工会議所の広告として、日経新聞に掲載されたインタビューをご紹介します。日本税理士会連合会会長・神津信一さんと中央大学名誉教授・渡部裕亘さんが、企業人にとっての簿記の重要性や活かし方について語るインタビュー記事です。
会社の運営、先を見通す目にいかに財務を読む力が必要とされているかがわかる内容です。
日本商工会議所HPよりご覧ください。

2月28日には、第142回日商簿記検定が実施されます。申込をされた方は、1ヶ月のスケジュールをきちんと立てて、余裕をもって学習を進めていきましょう!

Leave a Reply

  • (will not be published)