Posted by & filed under 未分類.

簿記検定完全攻略をご利用のみなさん、こんにちは。6月12日の第143回簿記検定試験を受験されたみなさん、お疲れ様でした。資格試験は、合格して終わりではなく、その先に活かすためのものです。自信をもって日々の業務に取り組めるよう、試験の記憶が新しいうちにきちんと復習をして、知識を確かなものにしておきましょう。

次回検定は11月20日。申込は7月上旬~です。
リベンジを図る方もさらなるレベルアップを目指す方も、気を緩めることなく進んでいきましょう!

さて、せっかく取得した簿記の資格、就職試験では有効に使えていますか?
日本商工会議所HPでは、文系、理系、一番強調したいことが簿記検定合格である方、それぞれに向けてエントリーシートの自己PR例を紹介しています。

どのエントリーシートにも共通して言えることは、志望企業の営業利益や会計についての分析を述べていること。
簿記検定合格という事実だけでなく、それゆえの着眼点の確かさや分析のするどさが企業にアピールするのです。

これが、簿記の資格を活かすということ。
みなさんも、それぞれのフィールドで、効果的に簿記の資格を活用してくださいね。

Posted by & filed under 未分類.

簿記検定完全攻略をご利用の皆様、こんにちは。
2016年のスタートは順調にきれたでしょうか?
史上まれにみる暖冬からの突然の寒波襲来、地域によっては100年以上ぶりの降雪といったお天気模様に始まり、今年もなにかと波乱万丈な一年になりそうです。
世の中の変動にも落ち着いて物事を見極められるよう、簿記など堅実な知識・技術を身につけて行きてゆきたいものですね。

今回は、1月中旬に日本商工会議所の広告として、日経新聞に掲載されたインタビューをご紹介します。日本税理士会連合会会長・神津信一さんと中央大学名誉教授・渡部裕亘さんが、企業人にとっての簿記の重要性や活かし方について語るインタビュー記事です。
会社の運営、先を見通す目にいかに財務を読む力が必要とされているかがわかる内容です。
日本商工会議所HPよりご覧ください。

2月28日には、第142回日商簿記検定が実施されます。申込をされた方は、1ヶ月のスケジュールをきちんと立てて、余裕をもって学習を進めていきましょう!

Posted by & filed under 未分類.

簿記検定完全攻略をご利用の皆様、こんにちは。
早いもので2015年も年の瀬。今年は暖冬ということもあり、いまいち実感がわかない人も多いようですね。しかし、我々の実感をよそに時は進んでいきます。1日1日、悔いなく過ごして2015年を締める準備をしたいものですね。

さて、日本商工会議所の次回簿記検定は2016年2月28日に実施されます。受験申込開始時期は地域によって違いますが、概ね1月上旬です。試験には余裕をもって臨みたいもの。受験の決意はお早めに!

新卒での就職にも転職にも力を発揮する簿記の資格。リクルートキャリア調べによると、全資格のなかで、企業が応募者に求める資格としてもっとも人気の高かったのが日商簿記2級。7位にも日商簿記1級がランクインしています。
毎度受験者数が最も多いのは3級ですが、3級に合格された方はぜひ2級を目指すことをオススメします。
2016年をよい年にするためにも、2015年から先手を取って、攻めの気持ちで過ごしたいものですね。

2015年内のブログの更新は、今回が最後となります。皆様、今年も簿記検定完全攻略をご活用頂きましてありがとうございました。より役立つ、より資格につながるサービスをご提供すべく、スタッフ一同邁進してゆきますので、2016年もよろしくお願いいたします!

では、すこし早いですが、よいお年を……。

Posted by & filed under 未分類.

簿記検定完全攻略をご利用の皆さん、こんにちは。
猛暑が急に息を潜め、何を着たらよいのか迷ってしまう今日このごろですね。気温の変化で体調をくずす人も増えていますので、「冷え」に気をつけてお過ごしください。

次回の簿記検定は11月15日。地域によっては、そろそろ申込受付が始まりつつあります。無理のないスケジュールで試験に臨むためにも、受験の決意はお早めに!

さて今回は、「全国高等学校IT・簿記選手権大会」についてご紹介します。“IT・簿記の甲子園”とも呼ばれるこの大会は毎年夏に開催。今年は東京都内で、全国321校から地区予選を勝ち抜いた36校、計236名が簿記部門に出場しました。「日商簿記部門」団体、個人、「日商簿記1級部門」団体の部で優勝するという圧倒的な強さを見せたのは、岐阜県立岐阜商業高校の生徒たち。「日商簿記1級部門」個人の部では、岐阜県立大垣商業高等学校の生徒。大会のタイトルのすべて岐阜県勢がさらう結果となりました。これはただごとではありません。はたしてこの強さはいつからなのか?

これまでの歴代優勝校をみると、昭和56年に開催された第1回から岐阜勢が優勝を手にしています。その後、静岡と広島が覇を奪い合う時代がしばらく続き、平成に入ってからは長野勢や愛知勢も姿を見せるようになります。しかし、平成8年から平成13年までは岐阜商業高等学校がなんと6連覇。その後北海道に一度優勝をゆずり、平成16年から平成27年までは破竹の10連覇。
岐阜の強さは伝統だったのです。

簿記を使う戦場はビジネス社会だけではなく、高校の舞台でも長きにわたり戦いが繰り広げられてきたのです。
今回は、日本の簿記の歴史がちょっと垣間見えるお話でした。

Posted by & filed under 未分類.

簿記検定完全攻略をご利用の皆さん、こんにちは。一気に桜が咲いたかと思えばぐっと冷え込む日が続くなど、気の抜けない春のお天気ですが、元気にお過ごしですか?
新年度早々、それと知らず緊張やストレスで疲れが溜まっていきやすい時期です。今は気が張っていて体調も保たれているように感じがちですが、あとでどっと不調が出ないためにも、意識して「休む時間」を大切にしていきたいですね。

さて、そんな慌ただしい毎日をお過ごしのみなさんにリマインドです。
現在、6月14日(日)開催の第140回簿記検定試験の申し込み受付期間中です。期限は地域の商工会議所により違いますので各々ご確認を。

新年度のやる気のある時期に、簿記のスキルアップを。また、就活をひかえた学生さんにとっては、本格化する就職戦線を前に待ったなしのタイミングでもあります。
計画を立て、短期集中でがんばりましょう!

Posted by & filed under 未分類.

「簿記検定完全攻略」をご利用の皆様、明けましておめでとうございます。
本年もスタッフ一同、皆様のさらなるご活躍とスキルアップのお役に立てるよう励んでゆく所存です。
どうぞよろしくお願いいたします!

日本商工会議所HPでは、昨年11月16日に実施されました第138回検定試験問題の出題意図と講評、および受験者データが公開されています。例年、受験者の多い秋検定ですが、この回では3級、2級ともに前回よりも合格率が10%近く下がりました。このブログを読んでくださっている皆さんのなかには、残念な年越しとなった方もいらっしゃるでしょうか?
そんな方にとっても2015年は飛躍の年になりますように!

今年2月22日には、第139回簿記検定試験が控えています。申込をされた方は、さらなるステップアップまたはリベンジに向けて頑張ってください!

Posted by & filed under 未分類.

こんにちは。早いもので2014年もあと数日となりましたが、皆様お元気でしょうか?
今冬は全国で例年より早い初雪が観測されたり、爆弾低気圧で季節外れの豪風雨に見舞われたりと、天候面で油断のならない日々が続いていますね。
インフルエンザも例年より早く流行期に入りました。決算や年末進行でお忙しい毎日だと思いますが、できるかぎりご自愛ください。

まずはご案内です。2015年2月22日に、第139回簿記検定試験が開催されます。
受付期間は各商工会議所によって違いますが、すでに受付を始めている所もありますので、ご確認ください。

さて、先日、財団法人日本漢字能力検定協会から毎年恒例の「今年の漢字」が発表されましたね。「税」でしたね。
今年4月に決行された5%から8%への消費税増税、またその増税によるさまざまな影響は、簿記の学習をしておられる皆さんが特に鋭く感じられていることと思います。実務面で作業が増えて大変だった方も多いでしょう。
また、11月~12月には降って湧いたような国会再編がありました。国民の意識がついてゆかなかったか、選挙の投票率は戦後最低を更新し、国民不在の政治が加速しています。
こうして振り返ってみると、2014年は天候に限らずさまざまなことが絶えず動き、いまひとつ安定しない1年だったと言うこともできますね。

皆様それぞれにとってのこの1年間はいかがでしたか?
達成感あふれる1年となったことを願います。そして来たる2015年は、皆さんにとってさらなる前進の年となりますように。
そして「2015年の計」にも、「簿記のスキルアップ」が加えられていますように!

簿記を知ること、会計を知ることは、社会の動きを知ることです。世の中の流れを理解し自らの意志をもつためにも、簿記の学習を役立てて頂けますことをスタッフ一同お祈り申し上げ、年末のご挨拶とさせて頂きます。
よいお年をお迎えください!

Posted by & filed under 未分類.

簿記検定の試験日がいよいよ今週末と迫りました。
皆さん、もう準備は整っていますか?
それとも現在ラストスパートの真っ最中ですか?
それとも、他のタスクに追われて思うように学習を詰められていませんか?
試験まであとわずかではありますが、まだこれからも学力アップは十分望めます。
試験前日まで、諦めずに学習を続けてくださいね。

試験直前のこの時期は、これまでの学習が頭に定着しているかどうかをチェックする最終段階ともいえます。
覚えたつもりになっていてもいざ試験会場で「あれっなんだっけ?」となるのはよくあること。
それを防ぐためにおすすめしたいのが、「知識のアウトプット」です。
ちゃんと定着しているかどうかチェックしたいことを、他人に説明してみましょう。
物事を他人に説明するためには、まず自分が理解していることが必要です。わかったつもりでいたことでも、いざ自分の言葉で説明しようとした時にうまくできないのは、理解が不十分な証拠。
他人に教えればその相手が新たなインプットを得られますし、自分の知識の整理にもなりますので、双方にとって有益です。
近くに人間がいなければ、ペットや観葉植物、枕などに向かってLet’sスピーチ、です。人間がいないのだから恥ずかしがることもありませんね。

寒くなってきたからこそ、気持ちを上げてラストスパートに臨みましょう!

Posted by & filed under 未分類.

こんにちは。11月16日の試験まで1ヶ月を切りました。学習は順調ですか?

範囲はひととおり目を通してしまったという方もいれば、じっくりじっくり章ごとにマスターしていっている人、それとも、1ヵ月の声を聞いて慌てて学習をスタートさせて人もいるでしょうか?
進度はそれぞれと思いますが、なるべく早めの時期からとりかかっておきたいのが「問題集」です。
ある程度学習が進んでから行うのが望ましいですが、短期学習を目指すなら早い段階からどんどん問題を解いていって力をつけるというやり方もとても有効です。

このサイトの対策問題集は過去問を元に作成されています。
簿記検定試験委員は、作問に際してまず過去問に目を通します。毎回、過去問をベースに新しい問題を作っているのです。 ですから、形式の似た問題が数多く出題されることになります。

ぜひ積極的にチャレンジしてくださいね。

Posted by & filed under 未分類.

皆さん、こんにちは。このところ気温の変動が激しいですが、体調など崩さず元気に過ごしていらっしゃいますか?
11月16日(日)に行われる第138回簿記検定試験の申込受付が地域によっては始まってきています。受験を決めたら先手必勝、余裕をもって、合格にむけた無理のない勉強計画で臨みたいものですね。

さて、検定試験への臨み方は、大きくふたつに分かれるようです。
まずは「しばらく勉強してみて、自信がついたら試験の申し込みをしよう」というの方。もうひとつは、「まだ勉強を始めたばかりだけれど、まずは試験を受けてみよう」 という方。
受講者さんの学習を見守っていると、どうやら後者のほうが、短期間での簿記マスターに成功しているようです。

前者は一見堅実路線に見えますが、実際のところ試験まで辿り着かずに終わってしまうことが往々にしてあります。失敗を回避したいという思いが強いがゆえに挑戦を見送ってしまうのです。失敗なく、ロスなく、一発で合格できる方法は他にあります。それは、まず綿密にシミュレーションをしてみること。
今日から検定試験までには、2ヶ月とすこしあります。
試しに“試験を受ける”と仮定して、「1日◯問」「この週までに◯章」という風に、本試験日までの学習スケジュールを立ててみましょう。
その際には、お仕事や他のタスクとの兼ね合いも見てできるかぎり具体的な日常スケジュールの中に落とし込むこと。その上で、スケジュールが実行可能と思えるならば、合格は十分可能です。

たとえば、上司や学校の先生にどっさり資料を与えられて「◯日までにやっておくように」と言われ、その時は「無理だよ…」と泣きそうになったものの実際はそれほどでもなかった。といった経験を皆さんお持ちでないかと思います。
何事も、ただ大雑把にとらえているだけでは実現不可能に感じられるものです。でも、実際に計画を立てて真面目に取り組んでみれば、多くのことは達成できます。

スケジューリングをしてみて「できそうだな」と思った方は、ぜひ検定の申し込みを。
今回は難しいと感じた方は、来年2月の検定試験に向けて学習スケジュールを立ててみてください。

忙しければ忙しいほど、時間は有効に使いたいものです。
より目標に近づきやすいアプローチを自分なりに追求してくださいね。